生半可な気持ちでは入れない

ニュースを見ていると、刺青を入れて後悔している人の話をしていました。
後悔している人の大体は、軽い気持ちで入れたとのこと。
もう少し考えて入れてはどうかと思いますが、入れてしまっては仕方がありません。
これからどうするかです。
刺青を入れると公共機関の利用が制限されたり、就職に影響が出ます。
それらが原因で、刺青を消したいとを決意する人が多いようです。
刺青除去を行っているクリニックの施術風景を映していましたが、完璧には消えていなかったです。必ず傷跡は残るようです。
それは深い部分まで墨が入っているからだそうです。
私も音楽が好きで、アーティストが墨を入れていてかっこいいなと思ったことがありますが、これを見て考えさせられました。

消そうとしている刺青の規模によって、手術後の痕も異なるようです。
ワンポイントで色素の薄い刺青であれば、傷痕もあまり目立たないとか。
がっちり墨が入っている人は、なかなか消すのが難しいようですね。
刺青を消すことは難しいということが分かります。
刺青をしようか迷っている人は、よく考えた方が良いかと思います。
海外では刺青を入れている人も多くいますが、日本ではマイノリティーです。
アウトローな人や、アーティスト系の人が多いですね。
一般の人が入れるには、デメリットの方が多い気がします。
気軽に消せるものではないことを理解しましょう。
私の意見としては、消そうと思うようなら最初から入れるなです。
入れるなら一生背負う覚悟でと思います。

どうやって大きくするのだろう?

初めて黒目整形という言葉を知った時に思い浮かべたのはカラーコンタクトのことでした。黒目が大きくなると可愛くなるのはわかっているけれど、コンタクトに抵抗がありましたし、友人のカラコンの黒い部分がずれた時の怖さは半端ではなかったので、自分はやってみようとは考えたこともありませんでした。

黒目整形は美容外科で受けられるそうですね。整形、という言葉だけ聞くと、まるで白眼と黒眼の黒眼の部分にメスを入れて行うように聞こえて怖いですが、湘南美容外科で説明を聞いたところ、瞼に対してアプローチする術法とということだったので目に対する負担は少ないのかな?とプラスのイメージが湧きました。従来は目の大きさそのものを変える埋没法は知っていましたが、二重になるよりも黒眼を大きくする方が魅力的になるというのは目からウロコでした。

まぶたへの処置は今までもたくさんの方が経験されているので不安は少ないと思いますが、やはり新しい術式ではあるのでまだリスクの種類や確率がわからないと言うのが、リスクですね。けれどこれは、レーシックが誕生した時も同じように言われていましたし、レーシックによって出る後遺症も千差万別でした。なので、手術するからにはリスクがあって、それでもやりたいという方や、リスクがでても支障がない時期にある方が受けられるのが良いのではないでしょうか。

個人的には、手術にせよ、マシーンにせよ、これをやればもっと可愛くなる(かも?!)と思えるものがどんどん出てくるのはとても喜ばしいことですね。
黒眼の大きくなるカラーコンタクトを入れていたり、つけまつげを何枚も重ね付けするよりも安全で安心だと思います。施術されたかたの生の声も聞いてみたいですね。

憧れの黒目になれる

小さい頃は、あまり気にも留めていなかったのですが高校に入ったあたりから周囲が化粧をするようになりオシャレなどに気を使うようになりだしたんです。その頃から、私は自分の黒目の小ささに気づき目が小さい事がコンプレックスになりました。黒目を大きく見せる為にモデルさんが使用しているカラコンなどを使えば私も目を大きく見せる事が出来ると思うのですが、私は昔からカラコンが苦手でカラコンを使用すると目が痛くなるので今までカラコンで目を大きく見せる事はありませんでした。皆でプリクラを撮る時なんかは本当に悲惨でした。周囲は目が大きく自分だけ目が小さいのは、かなり目立ってしまい写真を撮ったり写ったりするのが嫌になりました。

カラコンを使用できない以上、化粧で黒目を大きくする事は難しいと思ったので湘南美容外科で働いている友達に相談してみたんです。整形自体にあまり良い印象を持っていなかったので、かなり躊躇したのですが友達の後押しもあり貯金を貯めて黒目を大きくする美容整形を受ける事にしました。施術時間は、だいたい約20分程度で終わりました。私は、施術後の目の腫れや傷跡はあまりなかったのですが人によってはやはり腫れがあったり傷跡が残ったりするそうです。金額が約11万円と高額だったのですが、高額なだけあり施術後は自分の目とは思えないくらい大きくなっていました。黒目を大きくしてから、今まで撮る事が嫌だったプリクラを友達と撮りにいったのですが周囲の友達よりも目が大きくて少し優越感に浸れました。化粧をせずに、スッピンで出歩いても目が大きいお陰で周囲から「可愛い」とも言われるようになり、毎日本当に楽しいです。

自分の場合のご飯食とパン食の比較について

自分の場合、ご飯食とパン食ならどちらが良いかと言うと、
朝食だったらパンの方が良いかなとか、ご飯だったら、お昼とか夜が良いなと思います。
つまり、どちらもそれなり美味しいけど、強いていうなら
時間帯別にご飯食とパン食を使い分けた方がより美味しくそれぞれを食べれると思うと言う事です。

自分がご飯と一緒に食べるおかずで最適だと思うのは、
お漬物とかお茶漬けの素、ふりかけ、生卵、お味噌汁といった物で、
さらにお腹いっぱい食べたい時は、プラスお肉炒めやお刺身や焼き魚を追加しています。
喉が渇いたらウーロン茶のホットや冷たいウーロン茶やジュースを飲むと良いと思います。

そうすると結構美味しく食べれますよ。お腹も大満足で充実感が出てきます。
一方、パンを食べるときは、マーマレードとか蜂蜜、マーガリン、バターなどをつけるとすごく美味しいし、
それほどお金もかからず経済的です。

でももっとお腹いっぱい食べたい場合は、サンドイッチにすると良いかもしれません。
色々挟むと美味しいしお腹もいっぱいになると思います。
例えばパンに挟む物の例を挙げるとサラダ菜とかきゅうり、キャベツ、トマト、卵スライス、
ハム、ベーコン、とんかつ、アジフライ、ホイップクリーム、フルーツなどがあります。
これらの中のどれか好きな物を選んでパンに挟んで食べると超美味しいと思います。

飲み物は野菜ジュースとかミルクがとても合うと思います。
その他にもカレーとかシチューを食べる時にはご飯でも美味しいですが、
パンと一緒に食べてもやはりすごく美味しいと思います。

この心、明日へ向かう

自分に自信をつけたいと考えています。私には好きな女の子がいます。その子は元気で友達も多く、運動神経も良くて何でも揃っています!それに比べて私は彼女より劣ってばかり……。それでも彼女のことが好きになってしまいました!

「条件なんて関係ないんだ!理由はいらない!」と豪語しているうちは良かったのですが、いざその子にアプローチをかける手前になってみて「自分の長所って何だろう?」と考え込んでしまいました。せめて他の男にはない自分にしか出来ないことを伝えたい!

簡単には見つからないものです。次第に自信がなくなっていきそうで怖いです……。自信がない状態から抜け出す方法ってあるんでしょうか?最近はよく雑誌で見かけるザ・シークレットサブリミナルCDを聞いてみようかなんて考えています。

「あなたのことが好きだからぁ!」だなんてベタですよね。それだけじゃやっぱり物足りないか。それじゃあ一体どうしたらいいんでしょうか!気分が乗らないので映画を見ることにしました。今巷で話題の『君の名は。』です。気分だけでもリア充に近づきたいです。「あぁ、純粋で青春しとるやんけ……。」考え過ぎていた自分が馬鹿みたいに思えてきました。

思いを伝えるだけでこんなに大変なことなんだから、他に理由も何もない。「君が好きなんだ!」それだけで充分。それだけで正義。興奮と幸福に包まれて私は映画館を後にしました。

しかし、帰り際に出てくるお客さんを見て思ったこと「カップルばっかやんけ……」やっぱ非リア充は嫌だ!早く私にお恵みを!いつか私もあのカップルたちのように手をつなぎながら帰りたいものですな。

羨ましいです、実に。
この思いを現実のものにするために僕は走り出す。

今日はオシャレしてショッピング~

せっかくの休みなのに今日は朝からどしゃ降りの雨。一気にテンション下がり気味のしんみりモード。でもいろいろ買い物しないと。。。
引っ越してからやっと一か月たって慣れてきました~。まだまだお部屋にダンボール残ってたり、物が少なめだけど、まあこれから徐々にそろえていけば良いかな。
とりあえずカーペットとクッション買いに行かないと。この周辺いろいろと便利で、歩いて3分くらいのところにスーパーはあるし病院もすぐ近くだし、結構有名な大学も近くに
あって、治安も良いしかなり住みやすいエリアって事に最近気がついた!!

さぁて久しぶりの休日だし今日はオシャレしてお買い物&近くの散歩しようーっと。

最近海外セレブのメイクとか服装とかのマネするのにハマってて、雑誌とかネットの画像見てメイクの研究してる!ただ顔のベースが違いすぎて難しい。。。泣
あとスタイルもだいぶかけ離れてるし、向こうの人の足の長さと身長の高さはなかなか日本人にはなあ~たどりつけない境地だなあ~泣

ダイエット頑張ろう!海外セレブと同じにはなれないけどせめて二の腕だけでもボンレスハムからシュッになるように頑張ろう。

メイクはとりあえず彫りの深い顔を作るところから!

二重まぶた美容液、二重記念美でくっきりとした幅広めの二重にして、とりあえず海外セレブへの第一歩!!
そこからノーズシャドウ入れてシェーディング入れて、なんとなくは顔が濃くなったはず!(笑)自己満かな?まあ自己満ですな。。。
であとはアイラインをちょっと太めに目じりの部分はね気味にして、赤リップを塗って、髪は9:1くらいのかきあげスタイルにすればだいぶセレブ風!

てかなんで海外の女の人って前髪無い人が多いんだろう~前髪ぱっつんの人ってあまり見たこと無いなぁ~。やっぱ日本は皆かわいいが良いんだなあ~。

結婚式前にほくろを除去しました

当時肩甲骨の上に、直径6mmほどの大きなほくろがありました。少しふくらみもあって目立っていました。夏の薄着の季節などはほくろも見えてしまうので、人の視線が気になったりしていました。当時結婚式を控え、ウェディングドレスの試着をしていました。お気に入りのドレスが見つかったのですが、肩が出るデザインだったのでそのほくろも丸見え状態でした。せっかく結婚式に着るのに、気にしながらでは悲しいと思い、こちらでいろいろ調べ、思い切ってほくろを除去する決断をしました。病院でレーザー治療を受け、無事にほくろを除去する事ができました。跡もそんなに目立たず、治療を受けてよかったと思いました。無事、心置きなくドレスを着ることもできて幸せでした。

治療を受ける前は痛みについて不安がありました。実際は局所麻酔をするので、レーザーを受けた時に一瞬チクッと感じるくらいでした。大きなほくろでしたが、レーザーで取る事ができたので、メスを使った施術より体の負担が軽かったのではないかなと思いました。しばらくはレーザーを照射した部分が赤くなっていますが、日に日に赤みが落ち着いていきます。最終的には、肌色になって目立たなくなります。でも、若干ほくろがあった部分がぷっくりしたような感じになっています。でも茶色の大きなほくろがあるよりは、全く気にならない仕上がりになったと思います。決めるまではとても迷っていましたが、ずっと気になっていたほくろを取って、本当に良かったと思います。

私のある1日

最近の私は体調を崩す日が多くなってきました。
去年ほどではありませんが、家で倒れたり食欲が無くて三日も食べない日などがあり、体重も少し落ちてます。
この時期、暑さもあってか体が弱ってるのかもと思い、
今はなるべく暑い日でも背中にリュックを背負い外に出て歩いたりしてます。
今日なんか12000歩以上歩いて来ました。

午前中からやる事が色々あって、あっち行ったりこっち行ったりして、午前だけでも疲れました。
午後は少し休もうと図書館へ行って私の大好きな漫画の本を読んだり、
勉強の為に医学関連の本を沢山読んで時間を潰してました。
大好きな漫画と言うのは「サザエさん」でアニメも面白いですが、私は漫画本で読んだ方が面白く、
図書館へ行った時は必ず読んでいる本の一つです。

医学の方は精神関連から内科関連の本を読み漁ってました。
本当は本屋へ行って直接買いたいと思ったんですが、
残念ながら私の部屋は別の本が置いてあって、
買っても入れる場所が無いし置くスペースもそれほど無いので、仕方なく図書館へ行って読んでます。
こういう本を読むのも自分の為だけでなく人の為にもなるので、私にとっては勉強になってます。

14時前位から物凄い雨が土砂降りで降ってきて他の場所へ行こうとした所を引き返して、
雨が止むまで図書館の中で雨宿りしてました。
1時間もしない内に止んでくれて、次の約束の場所まで無事に行けたので助かりました。
その後はお昼を食べてなかったので遅めの昼食を取ってから約束の場所へ向かいました。

それから家に帰ってきたのは18時だったので、今日1日だけでもさすがに疲れました。
でも、その疲れのお陰で今夜もぐっすり寝れそうです。
実にアクティビティな1日でした。

悩んでいるなら除去してしまおう

顔にほくろがあって悩んでいる人が多いと思います。違う部位ならほっといたりしますが、顔だと目立ちますもんね。特に小さい頃は容姿をからかう子がいたりします。許せないことですが、ほくろであれば除去しやすいです。悩んでいるなら除去してしまいましょう。個人的には都会ほどほくろを気にする人が多い気がします。外見を気にする人が多いからでしょうか。友人も除去していました。東京でほくろ除去するなら、場所はいくらでもあります。皮膚科や美容外科かたくさんありますからね。実際にほくろの除去で来院される方は多いのだとか。値段も高くありませんし、時間もかかりません。私はあまり気になりませんが、気になる人は治療を行いましょう。

ほくろを除去する方法はたくさんあります。自分で除去する人もいるようですが、それはおすすめしません。痕が残ることがありますし、悪性腫瘍という可能性もあるからです。そのため病院へ行くことをおすすめします。小さなほくろだと、手軽にレーザーで除去できたりします。東京なんかは皮膚科や美容外科の数が多いです。ほくろ除去を得意とする病院も多くあるので、東京でほくろ除去すると良いかもしれませんね。大きくふくらんでいたり、盛り上がっているなど様々なほくろがあります。それによって治療方法も異なってきます。レーザー、くりぬき、メス切除などです。なので素人が自分で除去するのは危険です。治療費がもったいないと言わず、専門の方に任せましょう。

自覚症状のない切迫早産

私は妊娠中、営業の仕事を続けていました。
予定では34週まで仕事をつづけ、早めの産休をもらう予定でした。
24週の検診で、医師に「お腹張りやすいですか?」と聞かれ、
自覚がなかった私は「わかりません」と答えました。
その頃は本当に「お腹が張る」という感覚がわからなかったのです。

もともと筋肉質で、腹筋があったので、お腹が柔らかいという感覚がなかったことも感覚がわからなかった原因だと思います。
張っているときはボールが入っているみたいにカチカチ、張っていないときはフワフワと表現されましたが、
「こういうことか!」と理解できたのは結局、切迫早産と診断され緊急入院してからだったと思います。

最初は張り止めの薬を1週間分飲むだけで、次の検診まで様子見でした。
張るという感覚はいまいちわかっていませんでしたが、
階段を上るときに思わず「イテテ」とお腹をさすっていました。
後になって考えればすでに痛いほど張っていたのです。
土日の長時間労働の前に、念のため張り止めをもらっておこうかな、と軽い気持ちで電話し、
症状を伝えると「今すぐきてください」という看護師さんの焦ったような対応に驚いたことを覚えています。

診察では子宮頸管が通常では4センチ以上あるのが望ましいところ
、私は2.7センチしかなく、張りも10分間隔でこのままでは陣痛につながる可能性があるといわれ、
そのまま緊急入院となり、1か月半もの間入院生活を送りました。
周りは「身体を大事に」「無理をしないで」と言ってくれますが、
「頑張ろう」と思いすぎていたと思います。
結局は周りに迷惑をかけないように頑張ろうとしていたことが、
大きな迷惑をかけることに繋がってしまいました。

妊娠していても、何も変わらず普通に過ごせる人もいれば、
慎重に過ごさなければいけない人もいるということをきちんと理解できていなかったと思いますし、
頭のどこかで、自分が後者なわけがないと思い込んでいたと思います。
妊娠中は特別な体であることを十分に注意しなくてはいけないと痛感した出来事でした。