世界一丸となった募金活動に驚き

寒い冬になると水仕事は大変です。
そんな寒い中、アイスバケツチャレンジという寄附活動があるようです。
バケツに入った氷水を頭から浴びるか、
寄附をするかどちらかを選び、
難病の研究開発に貢献するという仕組みです。

国際的に行われているチャリティーイベントで、
有名な人も多く参加し寄附金は1ヶ月で数億円もあったようです。

今までこういったチャリティー活動は多かったのですが、
アイスバケツチャレンジのように短期間で多くの寄附金が集まったのはあまり例がありません。
今までの寄附活動と何が違うのかというと、インターネットの動画を中心に広まっているのが一番大きいようです。

世界中で見れる動画であれば、全世界中に広まる上に、世界の著名人がやるとなればやはり知名度は大きいです。
例え言葉が分からなくても、動画を見れば一目で分かるので便利です。
こういった取り組みは、今後も増えるのかもしれません。

世界中の人が団結する事は素晴らしいです。
世界には貧困問題や病気の問題など、まだまだ多くの問題があります。
今後は、インターネットを通じて手助けをする人が、多くなるのかもしれません。

アフリカのエボラ出血熱も同じです。
世界中から多くの医療関係者が駆けつけています。
これからは、こういった世界の国が助け合う活動が多くなっていくのかもしれません。
こんなニュースを見ると、昔に比べて世界は平和になったんだなと感心します。
このまま戦争もなく、他国を助け合う国際社会が続く事を祈っています。

想像力を超える映画を楽しみたい

のんびりと食事をしようと出かけると、
ふと映画が気になりました。
今どんな映画があるのか分からないので、
ついでに映画館フロアに行くとルパン三世の実写版が。

アニメの実写は多いですね。
るろうに剣心とか。
でも私は、アニメが実写化されても、
なかなか見ようとは思わないたちです。

漫画の原作を読むと、アニメが別物のような気がするし、
実写はなおさら違和感を感じるからです。
同じストーリーをわざわざテレビや映画館で見ても、つまらないということで、意図的に原作とは違った目線で作られているというのもあるかもしれません。

原作で完結しているのであれば、それでよしと思ってます。
でも、話題になると「面白いのかな~?」と気がかりになります。
るろうに剣心とルパン三世も話題になっているのは耳にしています。
でも、実在する人が演じるのも、現実味がありすぎると思ってしまうのは否めません。
こういった点では、私はロマンチストなのかな?
以前そんな指摘を受けてしまったのを、いまだに覚えています。

でも小説にいたっては、映画になると面白く感じるのは不思議です。
文章が主体の小説だと、イメージを膨らませますがそれ以上になる作品が多いです。
自分の考えとはまったく違ったストーリーなので、新鮮さを覚えます。
イメージ力が少ないというのでしょうか?
やはり視覚的なものは、とても重要なことなのかもしれません。

そう考えると、何かを伝えるということは、
言葉や文章だけでは難しいのかもしれませんね。

遊び心とは何なのか

ゆっくりしている暇もなく、10月になろうとしています。
これからどんどん景色が変わっていくのかな?
そんな風に思うと嬉しいのやら悲しいのやら。

子供が大きくなるにつれて、
家族で出かける事が多くなりました。
先週は温泉にいったので、明日は紅葉狩りに行こうかな。

そんな風に考えるだけでもワクワクします。
もちろん見るだけでなく、楽しむことも大切です。
動きたがりの子供にとって、
運動公園のアスレチックは快適な遊び場です。

子供が出来るまでは、運動といえばジョギング一本でした。

でもただ走るだけの運動よりも、
遊びながら楽しみながらの方が楽しいという事を、
子供達に教わった気がします。

子供の頃はそんな風にやっていたので
そんな事は頭の片隅で多少は、思っていたのかもしれません。
大人になると童心を忘れるというか、
遊び心がなくなってしまうのかもしれません。

子供達と一緒に遊んでいると、
自分が無邪気な子供の頃に戻ったような感じです。
何事も遊びとして楽しめます。
こういった感覚は大人になると忘れてしまう事がよくあります。

何事も一生懸命というわけではないけれど、
遊び心を忘れて無機質な生活を、送る事に慣れてしまったようです。
大人になってから、遊び感覚でやることを考える機会がなかった気がします。

もちろんそれだけでなく、
童心とはどんな物なのかを、忘れていたのかもしれません。
大人になると、遊び心を忘れてしまうのが癖になるようです。
息抜きは大事と言いますが、それは難しいことなのかもしれません。

匂いで人の印象は変わります

夏が終わっても、脇の臭いが気になる人は多いです。
季節に関わらず脇の匂いが気になる人は、多汗症の人が多いようです。
これといって緊張しているわけでもないのに、脇から汗が出たり、足の裏に汗を人よりもかいてしまう人も多いです。

汗を自力でコントロールする事は難しいです。
汗をかかないように、水分摂取を少なくしても汗が出なくなる事はありません。
どうしても、汗の臭いが気になるのであれば、汗をどうにかする方法しかありません。

汗が臭う原因は、汗を拭かない事にあります。
汗を放っておくと、衣類に細菌がついてしまい臭いを放ちます。

特にシャツなら黄ばんでしまう場合もあります。
脇パッドを使って吸収させるか、時々ふき取る必要があります。
こんな時に便利なのが、デオドランドタイプの香料つきペーパーです。
脇汗の臭いは大丈夫!?でも紹介されているような、スプレータイプで臭いを消す方法も効果的です。

デオドランドスプレーを使っても、長時間効果がない方もいらっしゃるかもしれません。
汗をかいたらそのままスプレーするのではなく、しっかり拭いてから吹き付けるようにすれば長持ちします。

このような物は数多くありますが、女性に人気なのが石鹸の香り、シャンプーの香りです。
特に石鹸の臭いは、清潔なイメージを持たれやすいので効果はいいようです。
臭いというのは、頭の中にインプットされやすいと言われています。
効果的に使う事で、恋愛などにも有利になってきます。

脇の臭いが気になる人は、自分にあった匂いを探してみてはいかがでしょうか?

幼稚園の運動会はホッとします

幼稚園の運動会が多くなる時期です。
大抵はこの時期にやるところが多いようです。
この時期は、寒くもなく暑くもなく、
外で体を動かすには、一番良い季節なのかもしれません。

天気も安定しているし、元気に飛び回るべきかもしれません。

もちろんそれだけではなく、
祝日が多く休みを調整しやすいという
幼稚園側の都合もあるかもしれません。
親としても、都合がつけやすい祝日にしてもらいたいところです。

運動会といっても幼稚園の場合、お遊戯に近いものがあります。
見ているほうも、心が和やかになるので息抜きには良い感じです。

これが中学校や高校の運動会になると、
今度は激しい運動が多くなってきます。
最近では小学校でも、組み体操を取り入れる学校もあるようです。

ところで新聞を見ていると、時折組み体操の事故が乗っています。
ちょっとした怪我をするだけならまだしも、
ひどい時は骨折をする時もあるようです。

こういった事故は痛ましい物です。
そう考えると、幼稚園の運動会は平和そのものです。
これから成長すると、ちょっと不安な感じです。

でも、親が考えている以上に、子供は逞しくなっています。
多少の怪我や事故でも、ピンピンしているような気がします。

特に子供の怪我は、治りが早いと言われていますので、
親が神経質になっても仕方がないのかもしれません。
何度も転ぶ事で、人は成長します。
それは人生も体も同じ事です。

大きな怪我をしないためにも、
大切なことなのでしょう。
そう考えたら心が落ち着きます。

秋は落ち着きますが現代社会は落ち着きませんね

最近の雨は、穏やかではありませんが、
しっとりと秋雨降ると気持ちが落ち着きます。
何でも、激しいのは良くありませんね。

秋の天気は変わりやすいといいますが、
夏の夕立や集中豪雨ほどではないので安心です。

集中豪雨は、いつどこで起こるのかわかりません。
自然災害への危機感は積もるばかりです。

さて秋になると、虫の声も一段と活気付きます。
こおろぎやキリギリスが鳴く声を聞きながら、
そんな静かな夜は、ゆっくり読書もいいかもしれません。

最近は自宅で本を読む時は、電子書籍が多くなっています。
小説が無料で読める事もあるので、図書館に行く必要もないし、返す必要もありません。
時間があればダウンロードしては読んでいます。
お金もかからないのが魅力的です。

一昔前までは、こんなサービスは考えられませんでしたが、今は当たり前なのが驚きです。
インターネットの普及というのは凄いですね。

その一方で、インターネットを中心とした犯罪も増えています。
特に若い子供たちを中心に、犯罪に巻き込まれるケースです。
ほとんどが、ネット経由だというのが驚きです。
そしてその加害者がいい年をした大人が多い、という事実も見過ごせません。

いつもこのようなニュースを見ては、
「大人が子供を守る時代は終わったのか?」と思ってしまいます。
インターネットは匿名性だから犯罪が多いのでしょうか?
それとも、今の社会を担う大人たちが、おかしくなったのでしょうか?

取締りを強化しないと、いけない時代になったのは痛ましい事です。

女性専用の仕事と思っていたら間違いでした

収入を増やそうと思うのは、男も女も変わりません。
男ならこの方法、女ならこの方法と分けてしまえば、それは男女差別にしかなりません。
今の世の中男女差別が多いといいますが、女の人が優遇される事が多くなっていきています。

特に女性特有の仕事である、チャットレディーやメールレディはその一つです。
カスタマーセンターなどでは、男が働く人が多くなっていても、やはりこういった産業は男が入りにくいのが現状です。
そんな事を思っていたのですが、男でもできるメールレディが誕生したようです。

もちろん男として男性するわけではなく、女性として登録する方法です。
暇つぶしや副収入としてやれるので、片手間で収入を得たい人にはいいかもしれません。
女性為のメールレディに男が登録する場合、問題は個人認証ですが身分証明が不要のサイトを選ぶのがポイントです。

個人認証といっても二通りあり、
一つは身分証明書
もう一つはクレジットカードによる認証です。

ここで狙うのはもちろんクレジットカードによる認証です。

なぜ男名義でも登録できるのかというと、
クレジットの番号や名前などの個人情報は特定できないようになっているので、登録出来るようです。

何はともあれ、この方法でメールレディを始める事が出来るのは心強いです。
もちろん始めるとなると、男性会員とのメールなのでバレるかどうか心配かもしれません。

実際はメールでやり取りするので、ヘマをしなければ気づかれません。
メールレディのお客さんも、相手とメールしたいだけなので罪悪感を持つ必要もないはずです。

登山者増加で問題発生

自然を満喫する人は多くなっています。
富士山の世界遺産登録後、登山愛好家が増えています。

その一方でマナーの低下も叫ばれています。
特に車の駐車場問題が深刻化しています。

最近では、途中まで車で登れる山が多くなりました。
子供やある程度お年を召した方でも、途中までなら気軽に登山が出来るようになっています。

自家用車で登れるのはいいのですが、
駐車場の設置数が少なく、なかなか駐車を作る事が出来ないのが現状です。
駐車できない人は、やはり山道に止めるしかありません。
交通の邪魔になり渋滞になるのも珍しくありません。

「駐車場を作ればいい」との意見もありますが、
そんなに簡単には行かないのです。

駐車場を作るには、様々な問題があります。
景観を崩さないように配慮しする必要がありますし、世界遺産登録に支障がないようにしなくてはいけません。
特に日本の山は、町おこしのために世界遺産登録を目指す自治体が多く、駐車場の設置は二の足を踏んでいます。

こういった事をなくすために、新たな動きが出てきました。

それは、一般車両の交通制限とバスを使った送迎です。
山の麓では駐車場を準備する事は簡単です。
駐車場から送迎バスを出す事で、車の往来を少なくする事ができます。

一般の人にはバスを利用してもらうことで、駐車場の飽和を防ぐ事ができますし、交通事故の発生を抑える事ができます。
安全性や環境問題を総合的に考慮すると、バスの送迎は大きな役割になっています。

ですが、それには周知してもらう事が不可欠です。
山の入り口は無数にあるので、交通制限はなかなか出来ないのです。

今頼れるのは、登山者のマナーだけかもしれません。

秋のリバウンドが恐い私が始めたこと

夏は暑くてダイエット効果があるので、好きな季節です。
これから秋になるとリバウンドが恐いです。

秋はおいしい食べ物の季節です。
毎年この時期は、ついつい食べ過ぎて太ってしまいます。
まだ暑いですが、気温はどんどん涼しくなるので暑くて痩せることもほとんどありません。
ついでに言うと、長袖になると二の腕が多少太くなっても気にしなくていい時期に突入です。
ダイエット意識もなくなり、ついつい怠けてしまいます。

私は少しでも今の体型を維持したいと考えました。
「多少食べてもいいから、運動するべきかな?」と考えていましたが、運動するのは苦手な上にそんな時間もありません。
でもこの時期に食べるのは、極力減らしたくないというのもあります。
折角食べ物がおいしい時期ですからね。

そんな食欲旺盛な私が見つけたのが、グリーンスムージーダイエットをより効果的に成功させる方法です。
スムージーって結構人気ですよね。
以前テレビでも紹介されていましたが、野菜を丸ごとミキサーにかけて飲むので健康的なダイエットが出来るのが特徴です。

断食ダイエットとかありますが、体の調子がおかしくなりそうで恐いですよね。
おなかをすかせた状態で、仕事が出来るのかといえばはっきりいって出来ません。

食べずに仕事に行くのは恐いですが、グリーンスムージーを飲んでいくだけでも精神的にもよさそうです。
ご飯を普通に食べる事が出来るダイエットとして、やってみる価値はありそうです。
一回やってみようかな?と思っています。

節約ばかりしてたら大事な事まで見失いました

秋になっても景気が悪くなるばかり、
景気が良くなるとは言いますが、
それは一部だけです。

まだまだ私の暮らしは、先が見えてきません。
しっかり節約しながら乗り切るしかありません。

ですが、節約ばかりに気を取られると、必要な物まで買う事が出来なくなる場合もあります。
俗に言う「ケチになる」というやつです。

たいてい節約できる物というのは、
「節約=出費を抑える」ですから、
無駄な物や使わない物を、お金を出して買わない事です。

本来必要な物を買わないのは、節約とはいえません。
それは、食費や固定費、それに税金・保険などですね。
特に税金や保険は、節約といって払わないでいると後から苦しくなります。

保険の乗換えが節約になると良く言いますが、
必ずしもそうではありませんよね。
必要な入院補償や手術補償を低めに設定しても、
万が一の時に補償がないということもありえます。

必要な物だけにお金を使うというのが、本当の意味での節約になります。

最近では、経済が不安定だからか様々な節約情報が流れていますが、
すべてをやりきる必要はありません。
それが本当に必要ならば、やる程度で構わないはずです。

情報が氾濫する世の中なので、玉石混淆です。
情報に踊らされないように、自分で選ぶ必要があるのです。

そんな私も、情報に踊らされる事が良くあります。
間違った認識は、後から正す事も出来ますが、それでは遅いという事もあります。
こういった事は難しいですが、自分の経験と照らし合わせて考える必要がありそうですね。